Skip to content →

タグ: スペキュレーション

スペキュレーション

評価:6/10

シンプルな株ゲーム。

リメイクらしい。

8種類ある銘柄の株コマを進めながら株の売買。

基本的に、株コマは前へ前へと進む。

そうなると、株価は上がる一方なのか?と思うがそうではない。

株価はその株コマの順位によって決まる。

そして、株コマが進めば進むほど、トップと最後尾の価格差が広がるようになっている。

が、株コマを進める為に使うカードは8種+休みの9枚を各プレイヤーが個人山札にして、そこから手札2枚。

山札が尽きるまで山札の補充はないので、全銘柄が同じ回数出るようになる。

毎ラウンド、進める歩数が変わるので、デカイ歩数の時に売りたい株のカード。

小さい歩数の時に、他プレイヤーがもっている株のカード。

とプレイして、株価を操作するのだ。

他の株ゲーと同じく、一人だけ株を買い占めるのは自分以外が敵になるのでリスクが高い。

なるべく、人と相乗りしつつ、儲け所を逃さなかったプレイヤーが勝つ。

手札2枚って言う不自由さが、予期せぬドラマを生み出すのが面白い。

逆にここが気に入らないプレイヤーも多そう。

個人的には好きなバランスだけどね。