Skip to content →

タグ: カリマラ

カリマラ

評価:7/10

無名デザイナーがブラックファイアから出したエッセン新作。

ヒッポダイス受賞。

今、僕の中で最も信頼が置ける賞になっているのがヒッポダイス!

ルールを読んだ段階だと「メインシステムに特徴があるけど、他が平凡すぎない?」と思ったのだが、実際やってみると上手く噛み合っていて面白い!!

3×3のアクションタイルにディスクを配置してアクションするのだが、アクションタイルの上に置くんじゃなくて2枚のアクションタイルの間に置く。

そして、ディスクを置いた両サイドのアクションを実行。

既にディスクがあれば重ねて置いて上から順番に全てのディスクを起動していく。

つまり、早めに置いておけば何度も起動チャンスがあることになる。

1か所にディスクが4枚重なると決算発生。決算地域の駒マジョリティ得点。

決算地域はゲーム開始時に順番が決まっているので、ちょい先の決算地域に狙いを定めて動いていく感じだ。

決算が起こっても、ディスクスタックは一番下のディスクが一枚減るだけで3枚は残るので、次に1枚置かれるとまた決算が起こる。

これがゲームのスピード感と鋭さを生み出していて、ヒリヒリが常時続く。

手番外でもアクションが起こるので、ダウンタイムも気にならない。

マジョリティのタイブレイク解決も中々面白い。

15箇所の決算が終わったらゲーム終了。

ゲーム開始時に1枚ずつ選び取る最終決算場所をオープンして、そこで最終決算を行う。

他プレイヤーの動きから、最終決算場所を予測してそこの2位を狙うのも大事になってくるので、終盤になってもダレることはない。

なんだかベタ褒めな感じになってしまったが、このメーカーらしい渋さなので万人受けする感じでは無い。

インタラクションも強いので、近年のトレンドには添えていないしね・・・

ちょい古めのゲーマーが喜ぶ感じかな。