Skip to content →

Board Game Memo Posts

ドメモ

評価:6/10

他の人の目線や仕草からも推理しだすと、チャクラが開放されて大自然と一体になれます。

あんまりボードゲームやったことない人に、「これが海外ボードゲームじゃ!」とかます為に生まれたゲーム。

マンハッタン

評価:4/10

昔のゲームだけあって、ちょっと尖ったゲームデザインです。

イラストも尖っています。

パワーポイントの素材のように尖っています。

ストリームス

評価:6/10

能動的ビンゴ。

自己最高記録の100点が出ました。

上達している気がする。

いかさまゴキブリ

評価:8/10

前回の反省をふまえ、8人でプレイ。

正式なプレイ人数の3~5人を完全に無視してますが、初期手札を7枚にしたら全然問題なく遊べました。

8人もいるとさすがに目が行き渡らなくて、イカサマしまくり。でも、それが良い。

気がつけば床にカード落ちまくってます。

前回とは違い、えらい面白かったです。

ルールに曖昧な部分が多いので、今回決めたルール。

・警備役が変わったら、手番は新しい警備役に移り、警備役が一枚プレイするか1枚引くまでイカサマ禁止。

・山札尽きたら、山札を作り直すまではイカサマ禁止。

・蟻カードの処理や、蚊カードの処理中はイカサマあり。

・ゴキブリカードの上にカードを重ねられるのは、ゴキブリカードをプレイした人以外。

・ゴキブリカードの上に重ねられたカードの効果は有効。

・イカサマ指摘は現行犯のみ有効。

・警備役はクモや蚊で人に渡すカードでも蛾のカードを渡して良い。

イカサマにも有る程度のルール(2枚以上同時はダメとか)があるので、実は紳士のゲーム。

新世界

評価:7/10

交易品をプレイヤー間で交換して、その後に交易品を得点に変えるか、アイテムカードに変えるか。

それを繰り返して、規定点を越えるか、手札に全ての交易品を集めたら勝ち。

アイテムカードの効果や、イベントの効果など、最初に説明することが多いんですが、やることは毎ラウンド同じなので、数ラウンドまわせば後はスムーズに進行します。

船を沢山取って手札を増やして勝利点を一気に稼ぎに行くか、商人と倉庫を取って全ての交易品集め勝ちを狙うか、アイテムカードによって毎ラウンドもらえる勝利点を増やして地道に稼ぐか。

勝ち筋も複数あって、カードゲームのわりに考えどころ満載。

5人か6人でしかやったことないですが、なんとなく4人ぐらいが全体を把握できて面白そうな予感。

PIX

評価:6/10

お題をドット絵で表現して当ててもらうゲーム。

他のお絵かき系のゲームと違って、誰でもそれなりのものができるので、ハプニングは起きにくい。

工夫してドット絵を作る工程が楽しい。

倉庫の街 波止場の倉庫

評価:6/10

「倉庫の街」の拡張。

カード枚数が通常の2倍になって、特殊なカードも結構あります。

なもんで、普通の倉庫の街を遊んでないのに拡張有りをいきなりは酷。

カードが2倍に増えてますが、新ルールによって誰も取らずに捨てられてるカードも結構多いので、毎回展開が変わりそう。

倉庫の街を遊びこんでいる人には嬉しい拡張だと思う。

いかさまゴキブリ

評価:4/10

基本はUNOみたいなゲーム。

なんですが、イカサマして手札を減らして良いんです。

カードを袖に隠したり、床に落としたり、どっかに放り投げたり。

イカサマなんかしたことないので、結構楽しみにしてたんですが・・・

今回は、全員シラフな上にテーブルがでかくて死角がない!

ほぼイカサマできず・・・

今回は4人プレイでしたが、人数が少ない?

プレイ人数が3~5人ってなってるけど、むしろ5人~8人ぐらいじゃないとダメじゃない?

酒飲みながら大人数でやってみて再評価したいところ。

これって、アリ?

評価:5/10

ダイスゲームっていうと、じゃらーっと5個ぐらい振って、その中から選んでみたいなのが多いですが、

このゲームは「大きい数字でろ!」と念じて1個だけ振るという遥か昔のスタイル。

1周回って、新鮮で面白かったです。

もちろん完全に運だけじゃなくて、戦略的な要素はあります。