Skip to content →

タグ: 鋼鉄と火薬

鋼鉄と火薬:ルネッサンス

評価:6/10

「鋼鉄と火薬」の単独プレイ可能な拡張。

基本的なルールは変わらず。

建造物カードの獲得方法が変わっている。

建造物カード毎に設定されている条件をみたすことが出来たら、(手札回収時以外でも)キューブを1つ置ける。

同じ建造物カードに自分のキューブを3つ置けたら、ようやく獲得できる。

他プレイヤーの狙いが見えやすくなって、わかりやすい!

あと、前作は軍事カードのほとんどが、「建造物を奪う」だったが、今回は「X点を獲得。手番プレイヤーと同数以上の軍事力を持つプレイヤーも(X-1)点を獲得」になっている。

前作だと「(軍事力がないと)結局奪われるだけ」の建造物だったので、取るメリットが薄かったのが今回は奪われる心配は無し!

ただし、軍事カードを連発されると結構な得点差はつくので疎かには出来ない。

前作に比べて、全体的にマイルドになっている。

今作を基本ゲーム。前作が拡張ゲームって方がしっくりくる。

前作で、「軍事が強すぎで、バランス悪いなぁ!」って思った人は、評価が変わるかも・・・

あと、4人プレイは多い気がする。3人以下でのプレイが良さそう。

鋼鉄と火薬

評価:5/10

カードをピラミッド状に並べることでテックツリーを再現! 

と思ったのだが、それほどテックツリーじゃなかった。

台湾のモアイデアスゲームズ新作。

カードを使ってカードを買うっていうデッキビルド。

高い価値のカードを買って、そのカードを使って更に高い価値のカードを買う。

カードには使い方が2種類あって、1つはカード購入の為のコスト。

もう1つはカード毎の特殊効果。

色んな特殊効果があるが、そこまで奇抜なものはないので、数回やれば覚えられるぐらいの分量。

あとは、条件を満たすことで獲得できる歴史建造物。

これが得点の半分ぐらいを占めるのだが、
戦争によってわりかし簡単に奪われる。

1回遊んだ感じだと、終盤の戦争を制したプレイヤーが勝つんじゃないかな。

手番での選択肢は意外と狭そう。

もう一回ぐらい遊んでみて、確認してみたいところ。