Skip to content →

タグ: デメクラシー

デメクラシー

評価:5/10

箱の中に入ったダイスのマジョリティを記憶。

ただし、正解は多数決で決まる。

親がダイスの入った箱を振ってオープン!

3秒数えて、閉じちゃう。

全員が「一番多かったダイス目」と「一番少なかったダイス目」を投票。

実際のダイスの数は関係なく、「投票数が一番多かったダイス目」が正解になる。

正解者の数だけ得点を得られる。

実際の正解に投票しても、間違えている投票が多いと得点できないわけだ。

「3が多かったよ!」「いや、6のほうが多い!」みたいにワーキャー楽しめたのだが、小難しいゲーマーが過半数を占めると、最多は「6」、最小は「1」を出し続けることになるんじゃなかろうかという危険性をはらんでいる。

それを回避するために、ルールを追加することは出来るだろうけど、そうすると持ち味を消しちゃいそうだし・・・

ややこしい奴らは、このゲームで遊ぶなってことだな。