Skip to content →

タグ: グラッグアイランド

グロッグアイランド

評価:6/10

ダイスを使った一風変わった競りゲーム。

引退した海賊たちの職探し。

エッセン新作。

まず、スタートプレイヤーが5色1個ずつのダイスを振る。

このダイスを使って、ビットするか降りるかを選んでいく。

ダイスを使ったビットってのが新鮮。

ダイス目が6、6、5、5、1とかだと、6+1=7でビットされると次の最低ビットは6+5=11ビットになる。

あと、パスにも特徴がある。

パスした時に使われていたダイスの数に応じて商品チップが貰える。

安いビットでパスすると商品チップがあまりもらえないことになる。

商品チップを貰った後に、ボーナスアクションも選択するのだが、こっちは早いもの勝ち。

商品チップを狙うか、ボーナスアクションを狙うかってことです。

もちろんビットも絡むので、悩んじゃう。

で、競り落としたプレイヤーのみが、自分のコマを盤面に置ける。

こうやって駒を盤面に置くことで、最初に配られたミッションカードを達成していく。

競り落とさないと話にならないのかと言うとそういう訳でもなく、パスのボーナスアクションで商品チップを支払うことで駒を置くことも出来る。

ルールは少な目なので、手軽なゲームかと思っていたのだが中々難しい。

意外とゲーマー向けなんじゃないかな。

気になったのはミッションカードのバランス。

最初に6枚配られて2枚捨てるのだが、この組み合わせがかなり大事な気がした。

途中で、ミッションカードを引いたり交換したりできるのだが、ここも引き運がかなり高い。

が、今回はトップと最下位が2点差と言う接戦になった。

う~ん・・・バランス取れているのか・・・?偶然なのか・・・?

もうちょいプレイして真相を解明したい。