Skip to content →

タグ: カッラーラの宮殿

カッラーラの宮殿

評価:7/10

お金で石材を購入して、その石材で建物を建てて、決算によって建物からお金や得点を得る。

流れはわかりやすい。

手番にできることも「石材購入」「建物建設」「決算」のどれか。とシンプル。良いよ良いよ!

特徴は石材を載せて回るディスク。

先に進むほど石材は安くなる。

「ヴァイキング」を思い出すシステムだ。

もう一つの特徴は決算方法。

「建物の種類」か「建物を建てた場所」。

どちらかを指定して、それらに属する建物の恩恵を得る。

上級ルールだと、終了条件が毎回違う。内容が結構違う。展開も結構変わりそう。

なので一概には言えないのだが、想像よりも早く終わる。

気をつけていないと急に終わって決算できずじまいってことになったりする。

得点が掛け算な上に、終了タイミングによる決算できるできないで大きな点差が開く。

ここを大味と捉えるか、緊張感があると捉えるか。

ルールには「初回プレイ時は上級ルールをいれるな」って書いてあるらしいのだが、「カッラーラ」って言葉を聞いて心拍数が上がるような人は、いきなり上級でも問題ない。

むしろ、標準ルールだと物足りないんじゃないかな。

8点建物によるボーナスタイルが強力な気がしたが、どうなんだろう。

終了条件カード次第で印象が大分変わりそうなので、もう何回か遊んでみたい。

(追記)

標準ルールでプレイしてみた。

シンプルな分悩みどころがわかり易くなっていて、逆にシビアな印象を受けた。

ただ、終了タイミングもよみやすいので決算し忘れが起きにくく拡張ゲーム程得点差は開かない。