Skip to content →

タグ: イル・ヴェッキオ

イル・ヴェッキオ

評価:6/10

メディチ家の目を盗んで権力を得る。

このゲームの特徴は、テンポの早さ。

時計回りに1アクションずつやっていくのだが、その1アクションがすぐ終わる。

アクション実行のキーを握る仲買人コマがポンポンと結構な距離を移動する。

仲買人を追うというよりは、仲買人が来るのを待つことになる。

大体の場合、自分の近くにいる仲買人のアクションをすることになるので、選択肢が絞られるのもテンポアップに一役買っている。(もちろん、コストを払えば選択肢は広がる)

得点バランスも、早くに得点するほどコストが安い上に得点が高い。

グズグズしてられない。時は金なり。

このテンポはデザイナーが意図したもののようだ。

手番の最後に山からタイルを1枚選ぶことがあるのだが、「選び終わるのを待たずに、次のプレイヤーが手番をやれ」とルールに書いている。

コマの配置時も、ダイスを振って出た目のエリアにしか配置できない。これも選択肢を減らして長考を防ぐ工夫だろう。

とにかく、休むな!どんどん進めろってことね。

特殊能力が結構強力なのでできれば何枚か取りたいのだが、そんなことしてると得点競争に置いてかれる。

このスピード感、なかなか良いですよ。