Skip to content →

投稿者: nakata

ミッドナイト・エクスチェンジ

Midnight Exchange

評価:4/10

泥棒となって盗んだ品を芸術品にエクスチェンジ!
「ドラゴミノ」でカタラと組んでいたデザイナーコンビのエッセン新作。

リアルタイムタイル集め。
「よーいスタート!」でテーブル上のタイルをどんどん見て獲得していく。
最初は、裏面が「ガレージ」のタイルしか取れず、「鉄の鍵」を見つけると「書斎」のタイルを取れるように、「真鍮の鍵」を見つけると「金庫」のタイルを取れるようになる。

気がすんだら一番小さい数字の扉タイルを取って抜ける。

その後、扉タイルの小さい順にブラックマーケットで盗んだ品を芸術品に変えていく。
セットコレクション要素有り。

鍵の部分が工夫と言えば工夫だけど、平凡すぎる・・・

ケツァール

Quetzal

評価:5/10

ワーカーを振るワーカープレイスメント。
「ディルビアプロジェクト」デザイナーの新作。
BGAでプレイ。

ラウンド開始時に、ワーカー駒を全て投げる。
ワーカーの向いている面に応じて、ワーカーの種類が変わってくる。

アクションエリアはワーカーの種類が指定されているのがほとんどなので、運が悪いと狙ったアクションを出来ないことも。

また、いくつかのアクションエリアは押し出し競りになっていて、この時「キーフラワー」的なフォロー義務がある。

あと、ワーカーを振った時に立ったワーカーはジョーカー扱いになったり、ボーナス収入を生み出したりする。

疑いようが無く「ワーカーを振る」のがゲームの肝なわけだが、他が余りに平凡過ぎるか・・・
BGAだと「ワーカーを振る」っていう物理的な楽しさが削がれてしまっているってのは痛い。

1枚のカードに全部

Alles auf 1 Karte

評価:5/10

シンプルなロール&ライト。
ベンドルフの新作。

各自がお題カード2枚を持つ。
手番プレイヤーがダイスロール。
2回まで降り直し可。

全員がダイス結果を自分のカードに書き込む。
この時、ダイスと一致する色のマスをチェックできるのだが、同じ色のダイスが複数出ている場合は全てチェックしなければならない。
空いているマスが1マスしかないのに、2個以上出てしまったら1つもチェックできない。

あと、ダイス結果を書き込めるのは自分が持っている2枚のカードのうち1枚だけで、分割してチェックできない。

3行以上が完成したら得点化して、新たなカードを引く。

誰かが4枚完成させたらゲーム終了。

非常に素直なダイスゲームで、遊びやすい!
このゲームならではの工夫もしっかり機能している!
ダイスロールにも自然と力が入る!

流石のバランス感覚で欠点は特にないのだが、ちょっと平凡過ぎる・・・
紙ペンゲームのトレンドは複雑化に向かっている気がするので、何か「古臭さ」を感じてしまった。
でも、ベンドルフは時代に流されずにシンプル紙ペンを作り続けてほしい。

シャーマン

Shamans

評価:6/10

正体隠匿トリックテイキング。
「ルイス&クラーク」のデザイナー新作。

世界を滅ぼそうとするシャドウと、それを阻止するシャーマン。4人プレイだと、3人がシャーマン、1人がシャドウとなる。

1~6、6スート。(4人プレイ時)
メイフォローだが、フォローに意味がある。

フォロー出来ない場合、シャドウ駒が前進。
シャドウ駒がゴールしてしまうとシャドウ側の勝ち。
シャーマン側はフォローしないと負けてしまうし、シャドウもあからさま過ぎると疑われてしまう。

トリック自体にはフォローしないと勝てない。
最大だけでなく最小にもメリットがある。

最小のプレイヤーはアイテムタイルを獲得できる。
最大のプレイヤーはリードが取れるのと、後述する儀式をやりやすくなる。

各スートの最後のカードを出すとスートに応じた儀式を行える。
儀式によって、他プレイヤーを排除したり、得点したり。

ルールだけ聞くと「こんなのトリテじゃねぇ!」って言いたくなるが、トリックテイキングを知らないと正体隠匿の心理戦に到達できない。
同じく正体隠匿トリックテイキングである「レベル・ノックス」と同じ雰囲気を感じる。

儀式で排除する対象が自由に選べるマルチ要素がちょっと気にはなる・・・
既定点獲得で勝利のゲームなので、終盤になるほど陣営関係なく「全員、敵!」状態になって、それが際立ってくるしね・・・

カード構成的に5人プレイのほうが幅が出そうなので、5人でリプレイしてみたい。

サイレント・プラネット

Silent Planet

評価:5/10

ジェスチャーだけで相談する協力カードゲーム。
アミーゴ新作。

それぞれが手札を見てから裏向きにして自分の前に並べる。

各プレイヤーの手札から1枚ずつ出していって、「同じ数字5枚」か「1,2,3,4,5」のセットを完成させる。
セット不成立のカードが出てしまうと、それまでに出たカードを捨てて新たなセット作成に挑戦する。
4セット完成させられると勝ち。
4セット作るのに十分なカードが無くなると負け。

手番プレイヤーは一切何もできず、それ以外のプレイヤーで相談して手札プレイヤーの前から出すカードを決める。

相談はしゃべるのは禁止でジェスチャーのみ。
ただ、指で数字を書いたりしても良いので、結構自由に相談できる。

あと、このゲームの肝となるルールがあるのだが、ネタバレになる可能性があるので書くのは避けておいた。
「ザ・マインド」のネタバレ問題と同程度のやつだけどね。

身振り手振りで相談する感じは、ちょっと楽しいけど、ゲームとしての深みは無さそう。
1回遊んだら満足しちゃいそう。

サンファン2

San Juan

評価:7/10

サンファンのリメイク(?)。

「アレアの宝箱」に入っていた拡張建物入り。
イベントカード拡張は含まれていない。
元からあったカードのバランスも調整されているみたい。
僕が気づいたのは「ギルドホール」が弱体化されているぐらいだろうか。
ギルドホールは強い印象があったから気づいたけど、他の調整はどれぐらい影響あるんだろう。

役職カードがタイルじゃないのは残念。
逆に商品の価格タイルがカードになっているのは良い!

日本語版は2400円っていうお手頃価格なので、「サンファン」持ってない人は買っておいて損はないんじゃないだろうか。

シミロ

Similo

評価:5/10

「アンユージュアルサスペクツ」や「コードネーム」を簡易化したような協力ゲーム。
Tabletopiaでプレイ。

1人が親となり、お題のカードを子プレイヤーに使える協力ゲーム。

12枚の動物カードの中から1枚がお題となる。
親は、それらのカードとは別に手札が5枚。

手札から1枚を縦か横で出す。
縦だと「お題のカードは、このカードと似ている」
横だと「お題のカードは、このカードと似ていない」

このヒントを元に、子プレイヤーは相談してカードを除去していく。

5ラウンド制で、カードの除外枚数が、1枚、2枚、3枚、4枚、1枚となっている。
この除去枚数の設定が上手くて、自然と盛り上がる。
また、親の手札の出し順の工夫も必要になっている。

今回遊んだのは動物版だけど、童話キャラクター版、偉人版等、色々あるみたい。

ボードゲーム紹介での掴みのゲームとしては最適かも。

大猟

Fette Beute

評価:4/10

カード2枚プロットで餌の奪い合い。
アミーゴの新作。
Tabletopiaでプレイ。

各自が同じ構成の動物カードセットを持つ。
ここから2枚を伏せて出し、順番に1枚ずつ公開して、その効果を発動していく。

カード効果は
・食料カードを山から1枚獲得
・食料カードを他プレイヤーから1枚奪う
・1枚奪いを防御
・1枚目をコピー
・1人だけ出すことが出来れば食料カード3枚ドロー、2人以上出したら出さなかったプレイヤーが1枚ドロー

最初に同じ種類の食べ物を5枚揃えたら勝ち。

大体3ラウンド目か4ラウンド目が肝となるので、それまでにリーチを作っておいて、かつ先手番でないと勝ち目はない。
ちなみに、手番順はラウンド毎に自動で回るタイプだ。
その勝機をつかめたら、心理戦2択に勝つか負けるか。
もしくは、その前のラッキードローであっさり勝負が決するか・・・

浅い・・・

アクションスケール:一から獣まで

On a Scale of One to T-Rex

評価:3/10

様々なお題の度合いをジェスチャーで伝え合う。
「ザ・マインド」のヴァルシュ新作。

場には「ティラノサウルスになりきる」、「フランス人になりきる」、「手を叩く」のようなお題カード。
各プレイヤーは数字(1~10)と色が示されたカードを1枚ずつ引く。
その色のお題を数字分の度合いでジェスチャーする。
例えば、青の10だったら、全力でティラノサウルスのモノマネをするという具合。

全員が同時に自分のジェスチャーをしながら、他のプレイヤーのジェスチャーも確認して、「自分と同じ数字だな」と思うプレイヤーにカードを提示。
お互いにカードを提示したら、オープンして確認。
同じ数字だったら+2点。差が1だったら+1点。差が2以上ならー1点。

これをひたすら繰り返す。

「モノマネが下手でも大丈夫」という触れ込みだけど、楽しい場を作るには、かなりスキルが必要じゃないだろうか。
ジェスチャーの度合いと言われても、モノマネ素人の我々では、声が大きいか小さいかぐらいしか表現のしようがない。
モノマネが上手い人なら色んなバリエーションが出せるんだろうけど、我々はひたすら色んなボリュームで「ボンジュール」を言い続けることに・・・
「チェンジ」カードを引くとお題が変わるのだが、思ったよりも「チェンジ」の枚数が少ないので変化が無いのも問題かも。
最悪、自分はジェスチャーしなくても、他プレイヤーの数字を予想するだけでも得点できるし・・・

パーティーゲームを乱発しているヴァルシュだけど、流石にネタ切れ感が否めないか・・・

「ウェーブレングス」で少し気になっていた「極端な値(1とか10)だと簡単すぎる問題」は、カード枚数の傾斜で改善されているのには、少し感心した。

ラパヌイ(ジャイアント)

Rapa Nui

評価:6/10

「ジャイアント」のリメイク。
公称プレイ時間が半分(45分)になっていて、かなり簡略化されているみたい。

「ジャイアント」は未プレイなので正確な比較はできないのだが、BGGのフォーラムだと「『協力してモアイを運ぶ』という大枠は同じだけど、ルールがかなりかわってるから別のゲームだよ」と説明されている。

遊んでみた感じだと簡略化は成功しているんじゃないだろうか。
序盤は協力してモアイを運んで、みんなホクホク。
徐々にそれぞれの思惑がシビアになっていく推移が面白い。
手続きがシンプルなので思考の邪魔にならない。

ただ、元の「ジャイアント」が好きだった人には物足りなくてイマイチって可能性はありそう。